公開履歴
    多色なカプセルと瓶

    医師から処方してもらう医療用医薬品は効能効果や基本的な成分を患者側で選ぶ事はできませんが、メーカーは選ぶ事ができます。
    同じならより値段の安い方を選びたくなりますが、違いは値段だけではありません。

    主な値段の違いは、研究開発費と原料コストになります。
    自社で開発した医薬品を先発医薬品、特許の期限が切れ、成分だけ真似たものを後発医薬品、ジェネリックと言います。
    先発品は研究開発を自分でやったという事は、成分表にあらわれない独自のノウハウや成分のコツというものも十分に把握しています。
    ですので、かかった開発費用の回収や品質を考慮するために安い原料に変更できないことから、高価なものになります。

    一方で後発品は、開発費用がかからない、安い原料を選択しているので安価で質が悪いと思われがちですが、メーカーも最小限の品質は担保しつつ、人件費削減など企業努力によって値段を下げています。
    人の健康に関わることなので、お金に糸目をつけないと言いたいところですが、病気によっては、長年にわたって服用しなければならないものもあり、治療にかかるコストも無視できるものではありません。
    どんなに品質が良くても服用しなければ効果は出ないため、どちらも一長一短と言えますし、先発医薬品の製造に無駄な部分があるだけで品質は後発と変わらない場合もあります。
    医薬品は病気を治すための商品ですから失敗はしたくありません。

    以上のように正しい医薬品は服用する期間や患者自身の経済状況にもよって変わりますます。
    その他にも、病気の症状、その薬が発売されてからの期間、厚労省やPMDAのホームページで公開されいる副作用の有無などを調べた上で最適なものを自分で選ぶのが正しい医薬品の選び方でしょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    アーカイブ
      人気記事一覧
        サイト内検索
        最近の投稿