• ホーム
  • 医薬品を購入する時の注意点

医薬品を購入する時の注意点

色々な薬を持つ人

医薬品には薬局やドラッグストアなどで簡単に購入できる痛み止めのような一般用医薬品もあれば、医師の処方箋によって薬剤師の指導の下に薬局で購入することができるようになる処方箋医薬品もあります。
これらを購入するときにはそれぞれ注意すべき点があります。
誰もが医療費を削減したいと思うものであり、薬を買うのにかかる費用は下げたいと考えるものでしょう。

一時的な痛み止めのような一般用医薬品の場合には自己治療となるために保険適用が行われないという面があります。
医師から処方箋を受け取っている場合には保険治療であれば3割負担や保険の種類によってはそれ以下で購入することができます。
医療機関を受信するために初診料や診察費、処方箋の発行費用、薬剤管理料などがかかってしまうため、必ずしも医療機関にかかった方が安上がりであるとは限りません。
医療機関にかかることによってより効果が期待できるものが手に入りやすいということも考慮してどちらを購入するかということをまず選ぶことが大切です。

一時的な痛みを和らげるための痛み止めである一般用医薬品の場合には薬局やドラッグストアなどで自由に購入できるという面があり、価格競争も行われています。
そのため、安価に手に入れようと思ったら価格比較が必要であり、場合によっては定価の半額以下で手に入れられるということもあります。
それに対して処方箋医薬品の場合には薬価が定められているためにどこの薬局で買ったとしてもそれ自体の値段に違いはありません。
そういった違いがあるということは注意しておくべきことでしょう。

ただし、処方箋医薬品でもジェネリック医薬品を選択すると値段を下げることができます。
古くから使用されているものの場合にはジェネリックがある場合が多いので聞いてみることも大切です。
また近年では個人輸入サイトからお薬を購入する方も増えているようです。
ネットでお薬を購入する時の注意点なども事前に調べてから購入するとよろしいでしょう。

アーカイブ
人気記事一覧