• ホーム
  • 医薬品を買うなら通販がお得?

医薬品を買うなら通販がお得?

歯が痛い女性

医薬品はこれまで処方箋をもらって調剤薬局で販売してもらうか、自分でドラッグストアに行って選んで買うかのどちらかで入手するのが基本とされていました。
しかし最近ではインターネット上で薬が購入できるようにもなっていますので、そうしたサービスを利用して薬を買っているという人も多くなってきています。
ここでよく言われるのが「医薬品を買うなら通販の方がお得」ということなのですが、これは正しいことであり、同時に間違っていることでもあるのです。

ではどうしてそう言えるのか、まず正しいと言える根拠についてですが、確かに風邪薬などの常備薬を通販で買うのは賢い活用法です。
通常のドラッグストアでも販売しているような常備薬は副作用もかなり小さいですし、何より通販では大量に在庫を抱えて全国に販売できるという特性上、驚くような値引きがされていることもあります。
こうしたことがあるため常に家に置いておく薬を通販で買うというのは悪いことではないと言えるわけです。

では逆にどうして間違っているのかというと、これは「個人輸入代行」と言われるような通販を利用することが時に間違っているということです。
個人輸入代行では国内では処方箋が無くては買えないような薬を海外から直接購入するタイプの通販となっており、そこでは本来処方箋が必要な薬を簡単に、しかも半額などの極めて安い価格で入手できるようになっています。
しかし国内で処方箋が必要とされるのは無意味にそうなっているわけでは無く、副作用や併用禁忌など知識が無い人が販売するのはリスクがあるからです。
そうしたリスクがあることを無視して個人輸入という手段に頼って薬を買うことは、時としてその人の命を奪いかねないリスクを生むのです。
そのため常備薬を通販で買うのは賢い利用法、処方薬を通販で買うのはリスクのある危険な方法として理解するようにしましょう。

人気記事一覧