• ホーム
  • 医薬品と企業と飲酒について

医薬品と企業と飲酒について

現在の日本はストレス社会であるとされており、ブラック企業などの登場などから、一昔前とは信じられないくらいの莫大なストレスを抱えている人がとても多い国になりました。
上記のようなブラック企業の場合にはパワハラや給与の未払い、超勤をした分の支払うべき給与を与えず社員をただの奴隷のように扱う傾向がありました。
そのため、多くの社員さんが自殺未遂を起こしてしまったり、うつ病になってしまったり、今までには体験したことがなかった人ですらうつ病や精神疾患になってしまうケースがとても多く見られました。

実際に、このようなブラック企業の問題はとても大きく、社会問題になっていると同時に、自殺者の数もうつ病になってしまった人の数も精神疾患になってしまった人の数も一昔前とは比べ物にならないほど急激に増加しました。
これもまた、大きな日本の問題点となっています。
上記のようなうつ病や精神疾患を抱えている方の場合には、医薬品として睡眠薬や精神安定剤などの処方箋が出されます。

このような医薬品はアルコール、つまりお酒などと一緒に飲んでしまうと大変に危険であるとされています。
そのため、医師からはアルコール類などと一緒に処方された医薬品を決して飲まないようにと厳重に注意がされます。
処方薬を実際に出している薬局や薬剤師さんも、上記のような指導などが行われています。
このように飲酒と一緒に薬を服用すると、医薬品によっては思わぬ副作用が出てしまうため、注意が必要です。